Common Sense/I Used To Love H.E.R. (7")

Common Sense/I Used To Love H.E.R. (7") 画像を拡大する
商品コード 01816
販売価格(税込) 2,670 円
通常価格: 2,670 円
数量 カゴに入れる
アーティスト Common Sense
タイトル 1 A1 I Used To Love H.E.R.
2 B1 Communism
レーベル Be With Records
試聴リンク Youtube-1 , Youtube-2

音楽歌詞史上最高のひねり ? 史上初めて7インチに収録された、ラップ史上最も重要な楽曲の一つで時代を超越し、天才的で、ただ純粋に美しく輝く、コモンの最高傑作”I Used To Love H.E.R.”。それは、コモンが1994年にリリースした永遠のLP”Resurrection”からのファースト・シングル、No IDによってプロデュースされジョージ・ベンソンの”The Changing World”のゴージャスでメランコリックなサンプルを取り入れたこの清らかなサウンドは、コモンの革新的なストーリーテリングの理想的な土台となり、30年近く経った今でもヒップホップ界で最も重要な瞬間のひとつであり、あらゆる意味で名作として知られています。そして、彼はヒップホップというジャンルがあまりにも商業化され、90年代にメインストリームのラップが大量に流入したことで、文化の純粋さや新鮮さの一部が失われつつあることを嘆きながら、かつて自分が愛した芸術への頌歌としてヒップホップを擬人化した楽曲でもあります。コモンは一人称の恋愛物語を使ってヒップホップの歴史を詳述し、その結果、洗練され、巧みで、何百万人もの人々に感動を与え、今でも曲の結末で心を揺さぶる道徳的なメッセージを伝える長大な比喩を生み出した、”だって、俺たちが話しているのは、みんな、ヒップホップことなんだから”。

コモンは1995年の”Yo!MTV Raps”でのインタビューで、この曲の本当の意味についてこう語っている、

”H.E.R.はHip-Hop in its Essence is Realの略だ。H.E.R.はHip-Hop in its Essence is Realの略で、僕が初めてヒップホップ・ミュージックに触れて、それがどのように進化して今に至ったかを話しているんだ。ヒップホップ・ミュージックは、ギミックやインチキばかりで、誰も本気になっていない。みんな本物を強調するけど、本物に忠実な人はいない。ビジネスとして成立し始めると、人々は魂を失い始め、芸術というよりもビジネスとして見るようになったんだ”。

裏面はオリジナルの12インチ・リリースに忠実で、A面の巨大な曲の影に隠れてしまう運命にあった熱狂的な首鳴りジャズ・ラップ”Communism”。冒頭のホーン、歌詞の巧みさ、ビートなど、すべてが備わっている、素晴らしい楽曲です。

ジャンルを問わず史上最高の音楽のひとつで、これは単なる音楽ではない、高い芸術だ。また、ジャケットは12インチ盤の印象的なオリジナル・アートワークを再現して7インチ盤に縮小しました。見た目もサウンドも素晴らしい、考えてみればラップ史上最も重要な曲だ。私たちは皆、彼女が恋しい。ヒップホップが恋しい、、、
この商品に対するお客様の声
新規コメントを書き込む


このページのTOPへ